今週の気になる海外ゴシップまとめ〜テイラー・スウィフトのストーカーが逮捕。アンチには余裕の投げキッス!映画「バービー」のオスカーノミネートで物議。など

COLUMN

こんにちは!nene編集部のmiyukiです。

ちょっと間が空いてしまいました、お待たせいたしました。

今年も海外セレブの気になるゴシップ、じゃんじゃん掘り下げていきましょう!

あ〜、ゴシップって楽しいな!!

今週の気になるNEWS

①テイラー・スウィフト、批判するため待機してたアンチに投げキッスをお見舞い

Haters gonna hate!

大人気歌手で現在はカンザスシティ・チーフスのトラヴィス・ケルシー選手との交際が話題のテイラー・スウィフトが、先日行われたバッファロー・ビルズとの試合を応援に。

すると恋人を応援に来たテイラーに、バッファロー・ビルズのファンたちが大勢ブーイング。(酷すぎ!)

これに嫌な顔をしたり無視を貫くかと思いきや、テイラーはなんと優雅に投げキッス。

こういう対応が実は一番スカッとするかも!さすが、常にファンやアンチに晒されるエンタメ界のスーパースターという余裕を見せてくれました。

動画の00:10あたりで投げキッスをお見舞いしてるのがわかりますでしょうか。

愛の力はアンチをも圧倒させる!テイラー、その勢いで愛を貫いてほしい。

ちなみに同じく試合を観戦したトラヴィスの兄弟のジェイソンが興奮のあまり上半身裸になって大騒ぎしているのもニュースになっている。落ち着け。

AD
②テイラー・スウィフトのNYにある住宅に侵入しようとしたストーカーを逮捕

同じくテイラーのニュース、こちらはかなり話題に。

テイラー・スウィフトの自宅に侵入しようとしたとして、男が逮捕されました。

NYにあるテイラー宅付近に不審な男が居座っていたことから通報を受けた警察が現場に向かうと、住居へ侵入しようとしていたという証言から緊急逮捕。

なんとテイラーの家のドアにまでよじ登っていたというストーカーの男について、周辺住民は1ヶ月近くその周辺を徘徊して不審な行動をしているのを目撃していたようです。

テイラーの住宅は以前にも複数回別の人物からストーキング被害を受けており、今回が初めてではないみたい。人気者ってパパラッチ以外にも本当に大変なことが多い…

一瞬ポスト・マローンに見えたけどよくみたらただのヤバいやつだった

AD
③え?アカデミー賞ノミネートに、映画「バービー」の監督・主演がいないよ?

衝撃すぎるよアカデミー。白人至上主義や男尊女卑ではとの批判が昔から巻き起こっていたアカデミー賞ですが、先日第96回アカデミー賞のノミネートが発表されました。

そこにはなんと…全世界で大ヒットした映画『バービー』の監督であるグレタ・カーウィグと主演のマーゴット・ロビーの名前がない!

決して白人のブロンド女子がちゃちゃらポップにしているだけの映画ではなく、きちんとフェミニズムに焦点を当てたメッセージ性の強さが多くの視聴者に評価されてきたバービー。

にも関わらず、アカデミー賞のリストにあったのはケン役のライアン・ゴズリング、助演女優賞のアメリカ・フェレーラ、そして脚色賞や衣装デザインなど。これにライアンも声明を発表し、「大変残念だ」とショックだった模様。そりゃそうだよね?!

テーマがテーマだけに、偏見が強く一部からは過大評価だなんて批判の声もちらほらあるバービー。

ヒット作品は絶対賞を取るべきか?それも違います。でも、審査員たちは本当にバービーという映画から真のメッセージを読み取れたのかという疑問が残ります。

2024年3月10日に行われるアカデミー授賞式で、ライアンがもし受賞したら…どんな言葉を言うのでしょうか。

この展開に世界中で現在議論が加熱中。前回映画“エブエブ”でアジア俳優が受賞したり、嬉しいこともあったんだけどねオスカー…

④パリファッションウィークでリアーナがナタリー・ポートマンとの面会に大興奮する様子が話題

現在行われているパリファッションウィークでの面白い一コマが話題に。

人気歌手リアーナが、これまたビッグスターである女優のナタリー・ポートマンと出くわすと、その興奮ぶりがすごい!この二人のじゃれあいがとてもとても可愛らしいので見てほしい。

リアーナがナタリーに「あなたってハリウッドで一番ホットなビッチの一人よ!!」というシーンがあまりにキュートです。

リアーナの超アメリカンな相手への賞賛の仕方は今までも話題になっていて、下着ブランドのヴィクトリアズシークレットのショーへ友人が出演した際も、フロントロウでeye roll(目をグルンと回すこと)しながら「呆れちゃった!激マブじゃねえか(憤怒)」みたいなリアクションをしてファンから喜ばれておりました。

やっぱリアーナって最高にキュート!

「え、めっちゃ可愛い〜!」より「は?可愛いんだが?マジでふざけるな」の方が嬉しい。本気度が違う。

AD

さて今回はこんなところでしょうか。ちょいと前のゴールデングローブ賞でのカイリー・ジェンナーとティモシー・シャラメのいちゃつきとか、まだまだ話したいことはありますが、この辺にしておきましょう。

それでは次回もお楽しみに!

neneパパラッチの更新頻度、今年は上げていきますのでお楽しみに!

前回の記事はこちら。ちょっと古いけど読んでみて!↓

error: sorry!右クリックはできません