【KPOPオタクが語る】推しはどんなメイクしてた?今年の韓国アイドルメイクはこれだ!【2023年下半期編】

BEAUTY

もういくつ寝ると、お正月。

この時期、韓国アイドル界隈は大忙し!音楽番組出演やそのチッケム(メンバー1人を追う動画)、怒涛のように更新されるSNSなど…そう!供給過多なのです!

アイドルファンの皆さん、お疲れさまです。そしてお待たせしました。 

2回にわたってお届けしている「2023年韓国アイドルメイク」、今回は下半期編です!

上半期を振り返った前回はこちら↓

いよいよクライマックス!はりきっていきましょう!

前回のおさらい

上半期メイクは…

・まつげ特化型アイメイク
・「血色感」と「ふわ仕上げ」

でした。

季節の移り変わりや曲のコンセプト、アイドルメイクの変化には様々なワケがありますが、下半期はどんなメイクが見られたでしょうか?

2023年下半期のアイドルメイクは?

・スモーキークールなメイクの登場
・「ナチュラル」と「濃いめ」の共存

むむ、上半期とは様子が違うぞ…?

さぁ総まとめです。行きますよー!

ベースメイク:デコレーションメイク戦国時代

問題:デコレーションメイクって何?

説明しよう。

デコレーションメイクとは、ラインストーンやグリッター、シールなどのパーツを肌に乗せたり、描いたりするメイクのこと。

アイドルのステージメイクでもここ数年人気が続いていて、目元にパーツを乗せるメイクが定番。今年はそのバリエーションがより豊かになりました。デコレーションメイク戦国時代に突入か!

ただし今年のトレンドであるナチュラルメイクの流れか、「派手すぎない」がポイントのようです。

派手もナチュラルもバッチ来い!結局カワイイ!(落ち着いて)

眉毛:毛流れふんわり、ナチュラルに

上半期で少しずつ細くなっていた眉毛。
下半期も同様でしたがここで筆者が注目したのは、毛流れ。

ふんわり感、増してません…?

地肌を塗りつぶさず、自眉の毛流れを生かす仕上がりはナチュラル。抜け感のあるメイクでなんだか隙を感じます。女の隙はモテるコツ!など良く聞きますが…

こら推し!これ以上モテてどうするのよ!

アイシャドウ:グランジメイクがやってきた

今年は海外でグランジメイクがトレンド。そこにインスピレーションを受けているのか、徐々に「濃いめ」でクールなアイメイクが登場してきています。

「グランジメイク」とは?

90年代にピークを迎えたグランジメイクは、ぼかしたアイライン、マットな肌、濃いマスカラ、ダークなリップに代表されるメイク。

Women’s Healthより引用

アイシャドウはマットをメインに、グレイッシュなカラーでスモーキーに。そしてしっかりと発色させる塗り方。

アイラインは長めに引いて跳ね上げる。春夏はふんわりとしていた涙袋も、しっかりと作るように変化しています。

濃いめのお顔も尊いんだ…!

まつ毛:濃いめも控えめも良いのです

上半期の主役だった束感つけまつ毛メイクはまだまだ健在。先ほど登場したグランジメイクのトレンドを受けて、しっかりと濃いめのまつ毛を作るメイクも。

その一方で、つけまつ毛なしのマスカラメイクがちらほら。または自まつ毛に見えるくらい馴染ませたつけまつ毛メイク。これがまたまた良いのですよ!(握りこぶし)

つけまつ毛で底上げされる目力か、自まつ毛の抜け感か。あなたはどちらがタイプですか?

どちらかなんて選べません、存在が好きです(by限界オタク)

チーク:血色感をより広く

今年のチークと言えば、血色感。ふんわり滲み出るような雰囲気はそのままですが、塗る範囲がより広くなっているように感じました。

ここで、筆者がむむむと唸ったチークメイクをピックアップ。

鼻にもしっかり乗せちゃうよ、という思い切ったメイクですが、鼻筋のシェーディングに繋げて一体化させている…!
この塗り方のおかげで、違和感がないんですね。

メイクさん、神メイクをありがとう

AD

リップ:うるツヤからむっちりへ…?

上半期はリップペンシルが猛威を振るい、ふっくらリップの天下でした。我らのリップペンシル先輩は下半期もそのパワーを発揮していますが、どうやら唇の質感に変化が。

アイドルリップといえば、水分感が前面に押し出されたうるうるのツヤリップ。しかし、どうやら水分感を閉じ込めたような「むっちりリップ」も幅をきかせてきた…?これは今後もじっくり観察していきたいところです。

ちなみに、秋冬ならではのマットリップもやっぱり登場!

またリップ買い足しちゃうよ…唇足りないよ…

番外編:今年のカラコンは

カラコンもメイクの一部だよね?

ということで、アイドルたちのカラコンにも注目。筆者調べによりますと…

今年は「青」が多かった!

キュートなメイクに合わせたなら透き通った目元のドーリーフェイスに。

クールなメイクとの相性が抜群。濃いめのメイクと組み合わせて海外ガールのムード。

どっちもかわいい!そして青のカラコンが似合うって、すごい!

推しのポテンシャル、無限大。

おわりに

今回は「2023年下半期 韓国アイドルメイク」をマシンガントークでお届けしました。

推したちのメイクを追いながら筆者が感じたのは、「アイドルメイクは奥深い」ということ。トレンドに敏感だったり、足し引きのバランスが絶妙だったり。来年はどんなメイクの彼女たちに会えるでしょうか。楽しく追いかけていきたいと思います!

それでは皆さん良いお年を。推しよ、永遠なれ!

(上半期編もぜひ読んでみてくださいねー!)

AD
【ハゲ隠し】生え際用ヘアパウダー4つ!フジコ/セザンヌ/エチュード/DECI……どれが一番自然?実際に試してみた【白髪ぼかしにも】
【アットコスメVSファへ】ランキング第1位の日焼け止め対決!メイク前に塗るならどっち?【コスメデコルテかSKIN1004か】
ランキング1位のメイクキープミストはやっぱりKOSE(コーセー)!クールタイプが2024年夏も限定登場【シリーズ全部使ってみたら】
KATE(ケイト)リップモンスターから透け感溢れる新作『クリアトーン』が登場!発売前にお試ししてみました
コスモス限定の日焼け止め『INTELLIGE(アンテリージェ)EX』が資生堂アネッサと同レベル?レア度高めなUVケアの正体とは【VS金のアネッサ】

error: sorry!右クリックはできません