リキッドチークの時代が来てる。hince(ヒンス)新作『デューイーリキッドチーク』をレビュー【にじみ出る透明感と潤い】

BEAUTY

NARS「アフターグロー リキッドブラッシュ」、
ADDICTION「チークポリッシュ」、
Fujiko「水彩チーク」……

私の欲しいものリストじゃないよ!

これね、どれも最近バズったり再注目されているものなんですが、

全部リキッドチークなんですよ。

アイテムによっては欠品続き、首を長くして入荷待ち…

それくらい今みんなが欲しいアイテム、リキッドチーク。最近のチーク界隈で最も注目を集めていると言っても過言ではない。

とか考えていたら、こちらのブランドからも発売だ!

hince(ヒンス)

使えばもれなくおしゃれ顔になれることで定評のあるヒンスですが、本日5月1日(水)一般発売がスタートする新作コレクション『RAW GLOW Collection』に『デューイーリキッドチーク』がラインアップ。

リキッドチーク戦国時代の今、またもバズりアイテム登場か?

ということで今回はこちらをレビュー!

デューイーリキッドチーク

デューイーリキッドチーク
全5色 6ml 2,200円(税込)

まずは見た目。リップのようで意外にも超シンプルですが……

ここで恒例のあれ、やっちゃいましょう。

箱チェーーーック!!!

コスメの箱大好き人間の筆者がまずやるのが箱チェック。ということで少々お付き合いください。

はい、こちらが今回の箱。

ヒンスの箱といえば、英語表記にした商品名が連なるデザイン。めちゃくちゃおしゃれなのですが、今回も例に漏れずそのスタイルを踏襲。個人的には、文字をあえて縦方向にしてるとこが好き。

今回のコレクションはフルーツや花が太陽の光によってきらめく一瞬からインスピレーションを得ているそうなんですが、そのコンセプトが箱からしっかり伝わ…………らない!!!

はい次!!!

02 Sunlit Peach(サンリットピーチ)

チップは細くて小さめ。その割にはどっぷり液が付くので、量の調節が必要になりそう。

タイプは2種類・全5色のカラー展開

クリアタイプと微細パール入りのシャインタイプの2種類で、全5色展開。

シャインタイプにも非常に惹かれたのですが、今回は人気が出そうなクリアタイプをピックアップしてみました。

02 Sunlit Peach(サンリットピーチ)は、まさに桃!なピーチカラー。ベージュが入っているからビビッド過ぎず、5色の中で一番肌馴染みが良さそう。

03 Cool Flutter(クールフラッター)は、ピンクラベンダー。透明感が爆誕しそうなこのカラー、でもラベンダーってどう?と気になる人も多そう。

個人的には03が超注目株。

結構淡い発色。メイクするとどうなるか?

画像からわかるように、肌に馴染ませてみるとかなり淡く発色するタイプ。というのもこのデューイーリキッドチークは…

太陽の光が反射したような、ナチュラルで澄んだ血色感を演出する、クリーミーなテクスチャーのヴィーガンリキッドチーク

hince公式サイトより引用

というナチュラル志向なチーク。かつ本来の肌トーンと調和するような仕上がりだそう。頬にのせたときにこの淡さがどう響くか、気になるところです。

AD

実際につけてみた

さぁ実際にレビュー!と、その前に。

今回は一般発売前にQoo10公式ショップで購入したのですが、ラッキーなことにギフトで専用パフがついてきました。

ネイルぼろぼろだね!!

かなりキメが細かく、厚みのあるもっちりとしたパフ。THREEのあの有名ルースパウダーについてくる餅のような付属パフに似ていると思いました。

指を通す部分が伸びる素材で、指にフィットして使いやすい!ちなみに指2本通してるけどキツかった。指1本で使えると思います。

公式では「チークを指で頬に馴染ませた後、肌との境目をパフでぼかす」という方法がおすすめということだったので、筆者も仕上げにこのパフを使ってみました。

02 Sunlit Peach(サンリットピーチ)
03 Cool Flutter(クールフラッター)

思った以上に淡い発色

まず初めに画像左の量を馴染ませてみたんだけど、想像以上に淡い。画像右くらいに発色させるためにはそれ以上の量と、重ね塗り必須です。

塗る前はチップにつく液を調節したほうがいいと思っていたんだけど、その必要はなくて結構つけてOK。

発色が物足りない人は確実にいそうですが…

淡い発色ということは濃さを調節しやすいから私は好き。

それにこのじゅわ…っと上気した血色感、そしてにじみ出る透明感は淡い発色だからできる所業。

ナチュラルで馴染むチークが好きな人や、チークを主張させたくないときのメイクに合いそう。

自然なツヤ、水分感。乾燥は……?

パールも入っていないクリアタイプなのに自然で嫌味のない、さりげないツヤ。水分感でうるうる!

が、こちとらどんな保湿美容液も退ける乾燥肌。塗りたてがいくら水分感あったって数時間後にはカピカピ、皮むけ、乾燥することでしょうよ……

私の砂漠に勝てるのかヒンス!

…………

あの、すみませんヒンスさん

うるおい、持続しました。

こちらのチーク、ヴィーガンヒアルロン酸が2,000ppm配合されているそう。つけたての光を反射するようなツヤが何時間も続くわけではないんだけど、乾燥は感じなかった。

乾燥肌の皆さん、安心して使ってください。

そしてヒンスさん喧嘩売ってすみませんでした(土下座)

パフで仕上がり段違い

ギフトの専用パフで仕上げてみましたが、チークの境目が頬にすっと溶け込むように馴染む馴染む!

「これ専用パフの効果か?」と思い手持ちのスポンジでも試してみたのですが、結構なんでもうまくいった。

コツは「全体を少しポンポン→境目をフェザータッチでポンポン」。特に後半が大事で、思ったよりもかなり優しくすること!

リキッドチークって塗るときムラになったりして苦手意識を持つ人が多いと思いますが、そんな人にこそこのパフやスポンジ仕上げを試してみてほしい。ツールに頼るんだ!

筆者注目の 03 Cool Flutter は?

これ、推します。

ラベンダーがわずかに肌に吸収されてピンク寄りに発色。でも青み過ぎない、なんとも儚げなピンクほっぺになるじゃないですか…

淡い発色の効果か、イエベなんだかブルべなんだかわからなくなった筆者の肌でも馴染んだので、ラベンダーだからと諦めずぜひ候補に入れてほしいカラーです。

ヒンスの新作は透明感爆誕&うるおいチークだった

今回はhince(ヒンス)の新作『RAW GLOW Collection』より『デューイーリキッドチーク』をレビューしました。

既にオンラインで在庫切れの色があったりとかなり注目を集めているようす。

リキッドチークの時代、やっぱり来てますな!

ちなみにヒンスは最近名古屋に直営店がオープンしたという嬉しいニュースも。特別なキャンペーンも開催中だそうなので近くの人はぜひ行ってみて。

オンラインでの購入先はこちら

hince公式サイト
楽天
Qoo10
ZOZOCOSME

直営店

・hince AOYAMA
・hinceルミネエスト新宿店
・hinceルクアイーレ店
・hinceタカシマヤ ゲートタワーモール店

error: sorry!右クリックはできません