今週の気になる海外ゴシップまとめ〜ハラスメント問題にとうとうLizzoが声明発表。カニエの妻はもはや公然猥褻?!ビンタ事件のウィル・スミスの妻の近影が話題など

COLUMN

こんにちは!nene編集部のmiyukiです。

今週の海外ゴシップは刺激的なもの満載?!

それでは行ってみましょう!

今週の気になるNEWS

①カニエ・ウエスト夫妻、ファッションがぶっ飛びすぎ!もはや公然猥褻ではないかと話題に

相変わらず交際の行方やぶっ飛びファッションに対する世界からの注目が途切れない、ラッパーでデザイナーのカニエ・ウエストと妻のビアンカ・センソーリ。

カニエといえば前妻のキム・カーダシアンの時から、パートナーをまるで自分のバービードールのように好みの服装に仕立て上げていることが有名でしたが、キムと離婚してビアンカをパートナーとしている今、その好みが斜め上の方向にどんどん加速しております。

以前も記事にした礼拝ファッションでは、まるでタイヤを首にかけた上からストッキングを被った?!ような、顔の見えない強烈ファッション。

それからこちらはインスタで一部からキリスト教への冒涜だと話題になった、必殺“十字架股間隠し”。
(お尻の部分が十字架Tバックスタイル)

mowalola

ファッション雑誌の撮影ならまだしも、カップル旅行の旅先でも私服としてトンデモシースルーコーディネートを披露しています。いや、もうこれ着てないのと一緒では…

日本滞在中もこんな感じで子供のたくさん居るサンリオピューロランドへ。

これは我が子には見せられない…

せめて公共の場では、おしゃれよりもう少し周囲へ配慮してほしいものだけど…
とはいえ、ファッションは個人の自由?!滞在先のイタリア人達も、さすがに困惑しているかもしれません。

自身のFacebookより。元々はロングヘアで、キムに似た爆美女なんですが…
②Lizzoがハラスメントに対して沈黙を破る。声明を発表
lizzobeeating

先週もお伝えした、歌手のLizzoによるハラスメント問題。
ボディポジティブを声高に叫んでいたLizzoが、実は体重増加で元従業員をなじったり、性的ハラスメントを強要していたということで、元従業員らがLizzoを提訴しています。

この問題に長らく沈黙を貫いていたLizzoですが、このほど自身の公式インスタグラムで声明を発表しました。

lizzobeeating

以下、Lizzoのinstagramより声明全文の抄訳。

ここ数日は胸が張り裂けるほど困難な日々でした。私の労働倫理、道徳心、敬意が問われています。私の性格が批判されました。
私はこのような虚偽の申し立てには通常応じませんが、これについては言及しないにはあまりにも信じられないほどで、途方もないことです。

こうしたセンセーショナルな話をしているのは、ツアー中の行動が不適切でプロではないと公に認められている人々です。

私はアーティストとして自分の行いに常に情熱を持ってやってきました。私は自分の音楽とパフォーマンスを真摯に受け止めています。私は最高のアートを世に出したいだけ。

情熱には勤勉さと高い基準が必要です。時には、難しい決断を下さなければならないこともありますが、誰かを不快にさせたり、チームの重要な一因として評価されていないと感じさせたりするのは私の意図ではありません。

私は被害者ぶりたいわけではありませんが、ここ数日メディアで仕立て上げられているようなヴィランではないのは私自身がわかっています。
私は自分のセクシュアリティと自分自身の表現について非常にオープンですが、これらを利用して私を良くないものへ仕立て上げようとすることは許せません。

世界中の女性達が受けるべき賞賛ほど、私が真摯に受け止めていることはありません。
私は日常的に体を批判されたりすることがどんな感じなのか知っていますし、体重を理由に従業員を批判したり解雇することは絶対にありません。

私は傷ついていますが、これらのことが私の実績に影を落とすことはありません。
この困難な時期に元気付けようと支援を差し伸べてくださった皆様には感謝したいです。

要約すると、元従業員の提訴は嘘ってことかしら?
もはや当事者のみ知ることなので、一体何が本当なのやら…続報を待ちましょう!

笑い事じゃないけど、コメント欄に「謝罪ビデオでフルートは吹かないでね」というのが散見されて、もはや大喜利状態。

派生して、歌手のグライムスが『Lizzoはいい人だよ』と援護して炎上したりと、この界隈はまだまだ大騒ぎな様子。ちなみに、グライムスのコメントにネットユーザーは『イーロン・マスクと結婚してた人だよ。真に受けなくていい』なんて意見も。辛辣すぎるっ!

AD
③休養中のベラ・ハディッドがライム病の再発と治療について更新

人気モデルでジジ・ハディッドの妹でもあるベラ・ハディッド。長年闘病していたライム病が再発したことで、治療に専念するための休養をとっていた彼女が、インスタグラムで闘病についての気持ちを語りました。

bellahadid

どうやら幼い頃から苦しんでいたようで、投稿では『苦しんだ幼い頃の私は、きっと今諦めずに大きく成長した私のことを誇りに思ってるに違いないわ。』とポジティブなメッセージが。

『私は大丈夫』としながらも、かなり苦しい経験に相当当惑したと胸の内を吐露。

ライム病とは、マダニなどが感染経路となり、疲労感、悪寒、発熱、頭痛、項部硬直、筋肉痛、痛みを伴う関節の腫れ、そのほか様々な症状に苦しめられる病気。きっとベラも、多忙なモデル業をこなしながらの想像を絶する闘病生活だったはず…。

メンタルの不調なども赤裸々に綴っているベラ。早く元気な姿を見たい!

無理はしないでほしいわね。それにしても、どんな写真も美しい…モデルは天職って感じがするわ。

④ウィル・スミスの衝撃ビンタから1年。妻ジェイダ、少しずつ髪の毛が生えてきていると公表

覚えていますか?去年のアカデミー授賞式。俳優のウィル・スミスが脱毛症の妻の容姿を揶揄したコメディアンのクリス・ロックを平手打ちしたあの大事件!

日米ではウィルの行動の賛否が分かれ、価値観などの違いも話題を呼びましたよね。

その妻、ジェイダ・ピケット・スミスが、自身のインスタグラムにて脱毛症が快方に向かっている様子を見せてくれました。

jadapinkettsmith

『まだちょっとだけトラブルのある箇所もあるけど、今後が楽しみね!』と綴ったジェイダ。美しい骨格にピクシーショートな感じがとってもお似合いです!

何はともあれ、快方に向かってるのはいいこと!

AD

さて、今週はこんなところでしょうか?

次のセレブたちのゴシップをお楽しみに!

前回のゴシップはこちらから↓

error: sorry!右クリックはできません